物販全般

【Amazon輸入】仕入れ計画の立て方【初心者向け】

投稿日:2020年7月12日 更新日:

「仕入れの計画ってどうやって立てたら良いのだろう?」
「売上を目標にすれば良いのかな?」

と疑問をお持ちの方の悩みを解決できる記事になっています。

実は、仕入れの計画は「想定利益額」を元に行うのが望ましいんです。

なぜなら、実際に僕も想定利益額を元に仕入れを行なったことで、目標利益と実際の利益の差分を少なくすることが出来たからです。

この記事では、仕入れ計画の立て方・考え方と月収10万円を達成するための仕入れ計画の具体例を解説していきます。

記事を読み終えると、想定利益額を元に仕入れ計画を立てる重要性と実際に仕入れ計画をたてるイメージを掴むことが出来ます。

仕入れ計画の考え方


仕入れ計画は売上や仕入金額を元に立てるのではなく、想定利益額を元に立てるのが望ましいです。なぜなら、想定利益額を元にした方が実際の利益との差分を少なくすることが出来るからです。

例えば、月収10万円を稼ぎたいとして、

「利益単価が大体1,000円だから100個売れればOKだ。じゃあ目標売上は100万円だ!」

と目標を掲げた場合、売上を上げることばかりに焦点を当ててしまい、利益額までに意識が及ばないケースが多いです。

この例からも分かるように、月収10万円を達成したいならば、当然のごとく利益額に焦点を当てなければなりません。

というわけで、仕入れの計画を立てる際は、想定利益額を元に仕入れをしなければなりません。

月収10万円稼ぐ時の仕入れ計画


想定利益額で仕入れ計画を立てなければならないということを理解したところで、実際に月収10万円稼ぐための仕入れ計画の立て方を解説していきます。

まず、重要なのが想定と実際は異なるということです。つまり、月収10万円を稼ぎたいから想定利益10万円分の仕入れをする、では目標を達成できないということです。

なぜなら、Amazon輸入ではライバルセラーの増加による売れ行きの鈍化、値崩れが頻繁に起こり、想定していた利益を得られないことが往々にしてあるためです。

なので、月収10万円を達成したいならばそれらを加味して、目標利益の1.5倍ぐらいを目処に仕入れをしなければなりません。

すると、月収10万円を達成するために必要な想定利益額は

10万円 × 1.5 = 15万円

となります。では、想定利益額を把握できたところで、仕入れ計画を細分化していきます。

1ヶ月に15万円の想定利益額を仕入れなけらばならないので、

1週間では15万円 ÷ 4 = 37,500円

の仕入れが必要です。さらに1日あたりでは

37,500円 ÷ 7 ≒ 5,357円

の仕入れが必要と把握できるようになります。ここまで細分化できれば、あとはこの目標に従って仕入れを行なっていくのみです。

「自分は大体、利益単価が1,000円ぐらいだから、1日に5個商品を仕入れればいいんだな。1個の商品を仕入れできるまでに50個の商品をリサーチしている。ということは250個の商品をリサーチすれば、1日の目標利益額を達成できるぞ…」

といった具合に段階的に数字に落とし込めるようになると闇雲にしていたリサーチにもやる気が出るのではないでしょうか?

何事も数字に落とし込み理解するということは非常に重要な考え方なので、ぜひ身につけて下さいね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。仕入れ計画を立てるのに重要なのは、目標売上や仕入れ金額ではなく、

想定利益額

ということをご理解いただけたでしょうか?

想定利益額を意識することで、より正確な仕入れ計画を立てることが出来るので、ぜひこの考えを取り入れて、仕入れを実践していただければと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

竹口 吉大

輸入せどりの攻略法を学べます【感覚でなく論理による手法で再現性99%】欧米輸入&メーカー卸 | 見切り発車で退職→ノウハウ0から開始2ヶ月で月利30万 | 月商450万をウロウロ | メーカー95社との取引経験 | 26歳

-物販全般

Copyright© Takeguchi Blog , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.